肌の水分量と透明感の関係って?

肌の水分量と透明感の関係って? 透明感のある肌といえば誰を想像しますか?綾瀬はるかさんなんかはCM等を見る限りはきれいな肌してますよね。実際はどうかわかりませんけど。


肌の透明感が決まる要素というのは以下の3つです。


要チェック肌の水分量
要チェック肌表面のメラニンの蓄積量
要チェック肌のキメの状態


この3つは実はつながっていて、元をたどると肌がうるおっているかどうかに左右されることがわかります。うるおいある肌はターンオーバーが正常であり、 その結果、メラニンや古い角質がが蓄積されずに排出されますし、肌のキメも整っているからです。


つまり、透明感のある肌にしようと思ったら新陳代謝のいい肌をつくる必要があり、そのためには「保湿」が一番大事なスキンケアのポイントになるということです。「潤い=透明感」ということです。


美白成分を与えたり、角質ケアをしたりすることは肌の透明感を引き出すうえで重要なスキンケアではありますが、それらのケアの効果がうまくあらわれるかどうかというのも保湿がしっかりできているか?にかかってくるわけです。


肌の水分量を高めるには肌の水分保持のおよそ8割を担うセラミドを補給するか、肌内部のセラミドの産生を高めてくれる有効成分を補給するのが効果的。「透明感」を引き出すためにもセラミドは重要です。


セラミドは透明感に必須! セラミド配合美白化粧水を特集!

肌の水分量とセラミドの密接な関係

肌の水分量とセラミドの密接な関係 肌の水分量を高めるにはセラミド補給が効果的です。


ヒアルロン酸などいろいろな保湿成分がありますが、肌内部で水分を逃がさないように一番頑張ってくれているのがセラミドである以上は スキンケアでセラミドをサポートしてあげるのが保湿にとって一番効果的といえます。


セラミドは肌を外部刺激から守り、肌内部からの水分の蒸散を防ぐバリア機能にとって欠かせない成分です。 皮脂や天然保湿因子など同じく肌のバリア機能を構成する成分がありますが、セラミドの貢献度に比べると微々たるものです。


肌の水分量=セラミドの産生量と思ってもらっていいと思います。


そのため加齢によってセラミドの産生量が落ちてきたり、毎日のクレンジングでセラミドを洗い落としてしまうようなことになると肌のバリア機能が壊れて、乾燥するようになります。


今の自分の肌状態がどうなっているか?水分量は十分か?などを知る方法ですが、自分で分かる方法としてはトリプルセンスなどの肌診断機を 利用する方法と肌のキメをチェックする方法があります。


トリプルセンスというのは家庭用の肌診断機で「水分・油分・弾力」がわかります。年齢別の平均データと自分の肌状態を比較したデータがわかるなどかなり高性能です。その分、値段もお高いんですが。


お金をかけない方法としては肌のキメをチェックするというのが簡単でいいと思います。マイクロスコープが必要になるのですが、こちらは3,000~6,000円ぐらい。 キレイなキメが出来ている肌というのは肌の水分量も充分という証拠ですからそこから判断するわけです。肌のキメが整えば透明感もでてきるのでそれで判断してもいいですけどね。


肌のキメ=透明感。 乾燥くすみに効果があるのは?
Copyright © 2014 セラミド配合美白化粧水を特集/潤い×白さを叶える<Best3>· All Rights Reserved·